幼児・子供の英会話教室MLS

MLS母親座談会

MLS母親座談会

受講生のお母さんに
MLSについてお伺いしました

今回は、実際に子どもをMLSに通わせているお母さんたちにお集りいただき、ざっくばらんにMLSについて語っていただきました。

お集まりいただいたのは、千尋ちゃん(6歳、3年目)、駿太くん(6歳、1年目)、昊奈ちゃん(6歳、5年目)、絢美ちゃん(6歳、3年目)、天音ちゃん(6歳、5年目)、結芽日ちゃん(7歳、4年目)のお母さんたちです。

それでは早速、座談会スタートです。

MLSを選んだ理由は?

司会:
本日は、皆さん、お集りいただきありがとうございます。
MLSにお子さんを通わせていて、普段、皆さんが感じていることをざっくばらんにお話いただければ、と思います。
まずは、たくさん子ども向けの英会話教室があるなかで、MLSを選んでいただいた理由を教えていただければ、と思います。

千尋ちゃんのお母さん:
(他のスクールの)体験会とかには行ってなくて、ここが初めて体験(注1)させてもらって。そのまま入会に至ったという感じです。楽しくて、気に入ったので。

駿太くんのお母さん:
(クラスメートの)千尋ちゃんが習っていたので。いいよと言われて、入りやすかったのもあって。無料の体験と実際のクラスに入るもの(注2)と二回やって決めました。
英語もあるんですけど、子どもがすごい内向的なタイプだったので。いろんな人と、外国の人だったりとか、今まで話せなくて。
慣れる体験が必要だったのかな・・・というところで。英語の勉強をというよりは、そういう感じでした。体験した先生もいい感じで、本人も楽しいと言っていたので、じゃあ始めるかという感じで、始めました。

司会:
実際、通われてみてどうでした?

駿太くんのお母さん:
目に見えては出てきてはいないんですけど、だんだんその幼稚園でも、よく喋るようにはなりましたと保育士さんから。
それが直接MLSと結びついてるかわからないんですけど、でも何かきっかけにはなっているかなと思います。

昊奈(そらな)ちゃんのお母さん:
英語の教室を決める時に、3つ、4つ体験に回ったんですけど。
自分も幼稚園の時にの3年間 MLSに通っていて、本人も楽しいと言ったのもあるんですけど。
同じところで勉強してもらえたら、私も嬉しいなと思って決めました。

司会:
ご自身で通われていたころと、今とではどうですか?

昊奈ちゃんのお母さん:
私は子どものころ、英語の教室自体をけっこう転々としていたようで、正直、MLSについては、あまり記憶がなくて。でも、英語が好きになったのは、MLSのおかげなんだろうな、というのはありますね。

司会:
言わせてしまったみたいになっていますけれども(笑)

昊奈ちゃんのお母さん:
英語を好きになったきっかけは、MLSなんじゃないかなと思っています(笑)

司会:
他校も体験されたということだったんですけれども、どうでしたか?

昊奈ちゃんのお母さん:
他のところは、字を書くとか、ただ歌を歌うとか、そういうだけなんですけど、MLSは、そういうことだけじゃなくて、自分の力で表現する・・・。
そういうことができるのは、MLSだけかなと思います。

司会:
ありがとうございます。
絢美(あやみ)ちゃんのお母さんはどうですか?

絢美ちゃんのお母さん:
ウチは、そんなに色々は回っていないんですけれども、もともとここに入る前も英語教室に一個通っていました。
ただそこが、教室自体をたたむことになって、新しく探す時に、何個か体験もした上で、MLSに決めました。

司会:
体験レッスンからのスタートですか?

絢美ちゃんのお母さん:
そうです。
小さい頃から英語教育を通わせていたので、私もどこかで英語をやってほしいという気持ちがあって。
他の体験に行ったところだと、幼稚園生がみんな一緒のクラスだったりとかして、年長さんとウチの子(年少)とかだと、全然勢いが違って、おしゃべりしたりするタイミングとかもないまま。
ただただ授業を受けて終わっちゃうみたいな、そういう感じの雰囲気のところがあったりとかして。
MLSは、なんとなく少人数制で、先生も日本人の先生とネイティブの先生と二人いて、結構、一人ひとりをしっかり見ていただける雰囲気なのかな、と思ってこちらに決めました。

司会:
MLSは、以前通っていたところと、学び方は違いますか?

絢美ちゃんのお母さん:
以前に通っていたところは本当に、1歳とか2歳とかすごく小さかったので比較はしづらいです。幼稚園生と赤ちゃんと言うのでも全然違いますけど。
ただ、前回のところも楽しそうにやってはいたんですけれども、自分から英語の台詞とか、おしゃべりだしたりしたのは、MLSに入ってからですね。

天音(あまね)ちゃんのお母さん:
私は、主人がMLSで元講師だった方と知り合いで、先生をご紹介いただいて。
通い始めた時は、まだ、幼稚園に入っていなかったので、レッスンの中身というよりも、英語の他の教室は見に行っていなかったんですけれども。
その先生はテンションが高くて、彼女だったら楽しくやってもらえると思い決めました。

結芽日(ゆめか)ちゃんのお母さん:
私は、MLSは体を使って英語を表現したり、覚えたりすると言う ところがすごくいいなと思って。
レッスンの時間も他の英語学校よりも時間が長いですし。
40分とかだと、あっという間に終わってしまうと思うんですけれども、60分という時間(注3)の中で、いろんなことを学べるのがいいなと思いました。

MLSにお子さんを
通わせてみてどうでしたか

司会:
実際に、お子さんをMLSに通わせてみてどうでしたか?

結芽日ちゃんのお母さん:
私が英語で話しかけたら、英語で答えてくれるようになりました。

司会:
英語で子育てされているんですか?

結芽日ちゃんのお母さん:
MLSに入る前は自分で教えてた・・・教えてたと言うか、積極的に触れさせてはいたんですけれども。
やはり私だけではなくて、ネイティブの方とか他のクラスメートの友達と一緒になって話すようになったので、というのがありました。
ウチの子は結構、人見知りな方なんですけれども、積極的にできる部分も、でてきています。

天音ちゃんのお母さん:
ウチの子の場合、幼稚園に外国人の親御さんが多くて。パパがイギリス人とか、ママがアメリカ人とか言う人たちが多くて、もちろん日本語喋れる親御さんもいらっしゃいますけど、日本語が全くダメな人も。
でも、全く日本語がダメとかわかっていても、かなり積極的に話しかけたりとか、してますね。その後、多分会話は成り立ってないと思うんですけれども。

司会:
そうなんですね。

天音ちゃんのお母さん:
割と母子で旅行に行くこととか多いんですけれども、萎縮する方ではないので、話しかけちゃってその後、話しかけられて。
彼女(お子さん)わかっていなくても、萎縮してわーみたいなのは無いですね。逃げちゃうとかいうのもないです。

絢美ちゃんのお母さん:
ウチは、MLSのレッスン以外で 英語に触れる機会とか、外国の人と触れる機会はないんですけど、習ってきたセンテンスとか宿題とかを、得意げに下の子に対して、一緒に歌ったりとか。
覚えてきたことは、本人も忘れないようにする気ではいるみたいです。
ただ、今のところ、積極的に英語を使う機会とかは、そんなにないので、そういうのも大きくなったら作ってあげないといけないのかなと、思っています。

昊奈ちゃんのお母さん:
下の子もMLSに通っているんですけど、お風呂入る時とかに 「knock!knock!」(注4)と。絶対にそれをいってから入るとか、あります。

一同:
(笑)

昊奈ちゃんのお母さん:
最近は二人で、一緒に覚えてきた英語を使う機会がすごく多くなってきて。
あと私の父が、海外を転々としていたので、外国の友達が多くて。たまにそういう方とお食事をしたりするんですけれども、そういう時も、話していることが分かっているのか、ふんふんふんと、頷いたりしているので。
英語が、なんとなく身についているんじゃないかなと、思います。

駿太くんのお母さん:
MLSに通う前に、機関車トーマスとかが好きだったので、それだったら英語で見せたりしたらいいんじゃないかと思って、英語版で見せていて。
最初は、何も意味が分かんなくてただ聞いてただけだったんですけれども、そういう時はいろいろ単語とかもう喋っていたんですけれども。
日本語が分かってくるとやっぱり英語じゃ意味が分からなくなって、あまり見てくれなくなって。
そしたら、英語もしゃべらなくなって、あれ?青をブルーって言ってたのに、今は青と言うみたいな・・・。
でも、まあそれが子供なのかなと思っていたんですけれども、MLSに通って、外国の人を認識するようになったと思います。人を観察していて、この人はこうで、この人はこういうタイプの人だと、ちょっと日本の人とは言葉が違うとか。
そうやっていろんな人を意識するようになってきていると思います。

司会:
英語自体はどうですか?

駿太くんのお母さん:
宿題する時にCD(注5)を流すと一緒に歌うようになって。この前、習ってきた歌についても、喋って、歌っていたので、ちょっと英語が入ってきたなという感じなんです。
でも、やっぱりクラスの中では大きい声では言えなくって、いつも授業の後にちょっと大きい声で喋ろうねとか、言ってるんですけど。
本人なりに頑張っているので、もうちょっと頑張って欲しいかなと思っています。

千尋ちゃんのお母さん:
ウチの場合は、習ったことは、その日の内に家で喋って、得意気になって。
なんかやっぱり発音がすごく良くて、親の私とか主人も、「何て言ったの今!」みたいな、ちょっと聞き取れないような。すごい、これが英語なんだと・・・。

司会:
耳から覚えているんですね。

千尋ちゃんのお母さん:
そうですね。そういうことなのかなという風に思っています。
やっぱり吸収が早いのかなと、びっくりはしています。そんなにしょっちゅう話しているわけではないんですけれども、でもやっぱり本人とかは、すごい英語が大好きで。
今も英語のホームドラマとかをすごい見ていて、吹き替えなんですけども。
いろんなものに興味が広がっていて、見て触れていますね。

子どもに英語を学ばせる理由

司会:
皆さん、いくつかお稽古事をしていると思いますが、最初から英語を考えていましたか?

天音ちゃんのお母さん:
英語は絶対やらせようと、思っていました。
今から下地を作っておいて、進む道の先に、外国の学校という道も一つ、選択肢として。そのベースを作ってあげられたらいいかなーと言う気持ちはありました。

結芽日ちゃんのお母さん:
私も英語を絶対にやらせたいと、思っていたタイプなんですけれども。
でもまあ、なるべく本人の意思に任せたいと思って。
私自身は、英語は好きでやってたんですけど、それがもう小学校の高学年に入ってからだったので、もっと早くからやってたら良かったなーっていうのが常日頃思ってしまうので。
娘には、物心つく前から英語に触れさせようかと。

昊奈ちゃんのお母さん:
ウチも英語だけは、と思っていました。

司会:
お母さんたちの間では、英語の優先度は高いんですね。

一同:
はい(うなずく)

天音ちゃんのお母さん:
(子どもには)とにかく健康でやりたいことを、習い事から何から突き進むものがあれば、それは進めていただいて。

司会:
例えば、留学したいな、となったら・・・

天音ちゃんのお母さん:
それはもう全然!いつでもお金の準備ができるようにしておかないと・・・。

絢美ちゃんのお母さん:
ウチもとにかく健康で、元気にやってくれれば、いいんですけど。
私自信は経験がないんですけど、留学とかも、子どもが望めばさせてあげたいな、と思います。
これから、どんどんそういう時代になっていくと思うので。

昊奈ちゃんのお母さん:
私は両親が海外勤務で、海外に住んでいたことがあるので、いろいろなところを回りました。でもウチは仕事の関係で、ずっと国内なんです。
子どもには、旅行でもいいし、留学でもいいし、どんどん外に出てくれたらいいなと思います。

駿太くんのお母さん:
やっぱり男の子っていうのもあるので、どんどん外には出て行ってほしいです。
国内にしろ、海外にしろ、彼なりの興味があるものに行ってもらいたいし、それを出来る限りこっちはサポートしたい。
英語っていうことを言うと、英語を身につけて欲しい、というよりは 英語を使って何かして欲しいんですよ。別のことを見つけて。
その時に、英語があると、いろんなところと繋がりやすくなっていると思うので、だからいいかなという風に思います。

千尋ちゃんのお母さん:
私は海外とか行ったことがないので、子どもにはいろんな世界を見てほしいな、という風に思います。

結芽日ちゃんのお母さん:
ウチの子どもの名前の由来にもなっているんですけど、夢を持って生きて欲しいというのが一番願っていることです。
その時に英語力があると選択肢が増えるなかな、と。
別の方も仰っていましたけど、英語を手段として、持っていて欲しいというのがあって、本人が留学したいと言えば、もちろん応援してあげるし、本人が好きなようにさせてあげれば一番いいなと思います。

司会:
やっぱり皆さん、将来を考えると、英語力があると選択肢も増えるし、必要だと考えているんですね。
MLSとしては、そこに少しでもお役に立てればと思います。
皆さん、お忙しい本日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

注1)体験
MLSの無料体験レッスンのこと。MLS独自の指導法ドラマメソッド®を実際に体験していただけるイベントで、定期的に開催している。詳しくはこちら

注2)無料の体験と実際のクラスに入るもの
MLSでは注1の「無料体験レッスン」と、実際の授業に参加できる「一日入学」で、レッスンの内容をご確認いただけます。駿太くんのように、「無料体験」⇒「一日入学」と体験される方も多いです。一日入学について、詳しくはこちら

注3)60分という時間
MLSでは、1回30分のベイビークラスから、5時間お子さまをお預かりするグローバル キッズランドまで、年齢や英語のレベルに合わせたさまざまなコースがあります。実際、全体的に他の教室の同レベルの英語教室さんよりは長めのようですが、長時間でも子どもたちを飽きさせない講師&カリキュラムですのでご安心ください。それぞれのコースの特徴については、こちらをご確認ください。

注4)knock!knock!

これは、MLSの生徒さんアルアル。他の方も皆さん体験されているので笑いが起きました。

注5)CD
MLSでは、レッスンを行うだけでなく、自宅学習用の教材も充実しています。CDも自宅学習用の教材の1つです。

PAGE TOP