受講生の声

詳しい資料を資料請求

受講生の声

和賀さん和賀 智昭くん(2歳)の
お母様のお話

受講スタジオ:川崎スタジオ

通い始めたのが、ちょうど言葉が出始める時期と重なったためか、日本語も英語もとても積極的に話すようになりました。今は家でも「抱っこプリーズ」とか、「これ一個プリーズ」とか日本語と英語と混ざって話すことがあります。きちんと意味が分かって、英語がもう自分の言葉になってるんだなぁ、と感心しています。“Moon”とか”Clean Up”とかは、日本語より先に英語を覚えました。

 子供には、英会話だけではなく、世界中に目を向けられる広い視野を身につけてもらいたいですね。あと、自分の意見をはっきり言える人になって欲しい。MLSのレッスンは、例えば工作の時でも先生が「どの色がいいですか?」とか「上と下、どっちにつける?」などのように、子どもの意思をうまく引き出すようにしてくれるのがいいですね。クラスのみんなで同じものを作っても、仕上がりには作った子の個性が思いっきり表れて面白いですよ。

写真 写真 写真

池田 恵理子ちゃん・恵作君・記代子ちゃんのお母様のお話

受講スタジオ:吉祥寺スタジオ

私自身、小学校6年生の時から2年ほどニューヨークで暮らした経験がありますが、正直言ってそれほど英会話が得意というわけではありません。一緒に行っていた4歳年下の妹の方が、すぐに英会話を覚えて不自由なく使っていたのを見て、言葉はやはり小さいうちから身につけた方がいいと実感しています。

  現在は子供を3人ともMLSに通わせています。上の娘はもう10年目になりますが、とにかく英会話が大好きになり「将来は通訳になる」と張り切っています。今年はプロダクションに参加して、舞台にも挑戦するようです。息子も8年目で、MLSで英会話を話すのがもうすっかり日常のことになっていますし、下の娘などはお腹の中にいるときからMLSに通っていたせいか、家でも “Knock, knock.” “Who is it?” “It’s me, Mama. May I come in?” “Come in, please.” と、MLSのクラス式のあいさつをしないと子供部屋のドアを開けてくれないくらいです。

WORDS3 アメリカへの転勤もへっちゃら!

写真椿山 裕一(つばきやま ゆういち)君のお母様のお話
受講スタジオ:横浜スタジオ

2歳半のときからMLSに通わせ、年長のときの12月に父親の転勤でアメリカ(アラスカ州アンカレッジ)へ一家で引っ越すことになりました。1月からもう現地のキンダーに通わせましたが、MLSで習っていたおかげかすぐにクラスにもなじめ、まったく苦労しませんでした。かえって親の方が慣れない英会話で四苦八苦していたのに、裕一はお買い物でも友だちの誕生パーティーでも、どんな場面でも物怖じせずにどんどん自分から輪の中に入っていきました。普通の日本の学校に通っていてもいじめや不登校などの問題がある子供がいるのに、慣れない外国での生活の中で、子供が毎日「楽しい、楽しい」と言って学校から帰って来てくれるだけで、どれほど親として助かったことか。本当にMLSには感謝しています。
 MLSでは、いわゆる「学校英語」ではなく、実際にアメリカの子供たちが日常生活で使う表現を経験を通して学べたので、英会話だけで生き抜くことができる力を身につけられたと思います。買い物をしたり道を聞いたりは、裕一に通訳してもらうことも多かったのですが、誰とでも堂々とコミュニケーションができ、立派に役目を果たしてくれました。

 5年生の終わりに日本へ帰ってきて、すぐに英検を受けて準一級を取れました。今は高校2年生になりましたが、今年の春休みには交換留学生としてメリーランド州の高校へ行って来ました。久しぶりに英会話だけでの生活を楽しんできたようです。

WORDS3 アメリカへの転勤もへっちゃら!

伊藤さん伊藤ななみさん(中2)のお話
受講スタジオ:横浜・代々木スタジオ

ビッグプロダクション 出演中のななみさん小学2年生からMLSに通っています。当初はACT(小学生)クラスでしたが、学校の課外活動と両立できるクラスを探し、4年生の時にミニプロダクションに参加しました。そして、台本を読んだりセリフのやりとりをしたりしているうちに、自分が「英文を読んで意味をしっかりと理解すること」が苦手なことに気がつきました。英検や中学校の英語では、耳で感覚的に意味を理解できるだけでは通用しません。なので、先生と相談してライティングクラスを受講することにしました。

 おかげ様で、ライティングを受講した4年生で英検4級、1年後に3級、2年後に準2級、そして3年後の中1の秋に2級と、着実にステップアップすることができています。とても嬉しいです。

 また、私は英語劇も大好きになったので、今では楽しくビックプロダクションに参加しています。これからも、MLSで英語力を鍛えていこうと思っています。

※英検2級は「高校卒業程度」の英語力とされています。

WORDS3 アメリカへの転勤もへっちゃら!

札内さん札内 茜梨(あかり)さん(中2)・萌花(もえか)さん(小6)姉妹のお話

受講スタジオ:横浜・代々木スタジオ

ビッグプロダクション 出演中小3から通い始めて、今年で6年目です。MLSに出会うまで、英語が本当に大嫌いでした。でも、MLSの体験に行ったとき、今までにないくらいものすごく楽しくて、その帰り道、お母さんに「絶対あそこに行く!!」と笑顔で言っていたのを覚えています。動くことが大好きだった私にとって、体を動かして楽しみながら学ぶMLSはまさにぴったりでした。

 夢は、世界で活躍する大女優になることです。世界中の人を感動させ、笑顔にしたいです。その前に、基礎の英語をもっとしっかりと学びたいと思います。ですから、今の目標は、外国人の親友を作って、英語でけんかをすることです。(茜梨さん)


 ビッグプロダクション 出演中小1から通い始めて、6年目です。普段、日常生活で、会話中に英語が自然と出てきたりすると、「MLSのおかげだな」と思います。学校の英語の授業で、みんなより早く答えがわかったりすると、とてもうれしいです。

 将来は、外国の舞台や映画に出る女優か、国際的なヴァイオリニストになって、外国を回ってコンサートをしたいです。いつか外国に留学してみたいと思っているので、もっと英語が話せるようになりたいです。

 MLSの先生は、「先生」っていうかたい感じじゃなくて、ファミリー感覚でつきあえる先生、みたいな(笑)。でも、厳しいところもあって、みんなのお母さん、みたいな感じです。(萌花さん)


 MLSに通うようになって、長女は大嫌いだった英語が「大好き!」になりました。自宅学習を根をつめてやったわけでも無いのに、全国私立中学生参加の全国模試の英語で、約4万8千人中、900番台を取り、校内1位の成績。本人も私も、びっくりしました!!

 次女は、自分を素直に表現できるようになりました。授業中積極的に発言したり、集会で司会をしたり、と様々なシーンでリーダーシップを発揮しています。また小5の終わりに「試しに」受けた英検4級に合格し、当人は「3級も狙ってみる」と言っています。

 二人とも海外経験もなく、普通に日本の学校に通っているだけなのにこれだけ結果が出せているのは、MLSで楽しみながら英語を学んできたおかげだと思います。私自身は、中学時代に「かなり勉強してやっと英検4級に合格」という感じだったのに…(笑)

 英語力以外では、二人とも「夢」を持つようになりました。姉妹揃ってアメリカのミュージカルのオーディションに合格し、外国人のプロの俳優と同じ舞台に立つなど、着実に夢に向かって進んでいるようです。(お母さまより)

※英検4級は「中学中級程度」の英語力とされています。

WORDS3 アメリカへの転勤もへっちゃら!

杏奈ちゃん石井 杏奈ちゃん(5歳)の
お母さまのお話

受講スタジオ:成城スタジオ

MLSには、2歳のときから3年間通いました。最初は、週に一回のレッスンで急に「ペラペラになる」わけでもないだろうし、「同年齢のお友だちができればいいな」という軽い気持ちでのスタートでした。でも、日本語以外の言葉の存在を肌で知り、色々な外国の人に自然に慣れてくれることは期待していました。また主人の海外転勤の可能性もあり、この先学校や社会に出てからも必ず必要になることなので、英語は小さいうちから身につけておくべきだと考えました。

 娘の英語力に、はっきりと成長を感じたのは3年目からです。それまでに蓄積されていた単語や表現が、頭の中で意味がつながったようで。ちょうど日本語での会話力の発達に合わせて、英語も一つの言葉として意味を持ち始めたように思います。この頃は、家にいるときにもクラスでの日常的な会話や、歌などが自然に出てくるようになってきました。

 そして、ちょうどMLSで3年間修了したときに、主人の転勤でシンガポールに一家で移ることになりました。引っ越した当初は、「周りから聞こえてくる会話は英語ばかり」という環境に、娘は戸惑うのではないかと心配していました。ところが、娘の反応は「みんな英語しか喋らないの? ふーん…」という程度で、拒否反応などはまったくありませんでした。これも小さいうちからMLSで「英語の環境」に慣れていたおかげかと、改めてその効果に驚いています。

 街を歩けば、聞こえてくる会話はもちろんすべて英語。テレビをつけても英語ばかり。でもMLSに通ったおかげで、ところどころ聞き取れる単語に反応して、何にでも興味津々な我が娘。テレビの漫画も、かなり早い段階から内容を理解し始めていました。

 聞く力だけではなく、話す方でも効果は現れました。引っ越してすぐに現地の幼稚園に見学に行ったのですが、挨拶や、名前や年齢などの自己紹介は、最初から英語でできていました。

 暮らし始めて一月経った頃には、お店の注文や、タクシーの運転手さんに行先を告げたりできるようになりました。二か月経った頃には、“Excuse me, I’m hot, hot!”などと、お店の人に積極的に自分の意思を伝えられるようになりました。三か月経った今では、周りの人の英語での会話を真似してみたり、飼い犬に英語で指示を出したりと、彼女なりに英語を使うことを楽しんでいるようです。秋からは、こちらのアメリカンスクールに通うことが決まっていますが、今の娘の様子を見ていると特に不安は感じておりません。

 突然英語の世界に投げ込まれても、驚くほど動じなかったのは、MLSに続けて通ったおかげだと思います。3年通って「継続賞」のバッジをいただき、娘も喜んでいたところでこちらに来てしまいましたが、帰国したらまたMLSに通って英語力をキープしたいと思っています。

WORDS3 アメリカへの転勤もへっちゃら!

写真H.F.ちゃん(2歳1ヶ月)の
お母さまのお話

受講スタジオ:錦糸町スタジオ

MLSでは演劇のような形で感情から出る言葉を覚えさせるのみならず、テキストを使ったeducationalな指導もしてくださいます。海外の学校に行く可能性のある娘には、最適だと思いました。

 先生のバイリンガル教育に対する熱意はとても信頼でき、日々の言語の成長にも大変満足しています。

※H.F.ちゃんは、グローバルキッズランドの第一期生です